0120-022-869
9時~12 13時~17時 (土日祝及び弊社休日を除く)

7月4日 日刊工業新聞でバイオミクロンサークルが紹介されました。

本日(7月4日)、日刊工業新聞でバイオミクロンサークルが紹介されました。
全文は以下のとおりです。
————————————————————————————————————
アンデス電気、家庭用空気清浄機 微粒子99%除去

アンデス電気(青森県八戸市、安田年孝社長、0178・20・2811)は、家庭用空気清浄機市場に参入する。新製品「バイオミクロンサークル」を開発、2日に自社ECサイト「アンデスオンラインショップ」で全国発売した。業務用の開発で蓄積した技術を生かし、粒子状物質(PM)2・5にも対応。専用開発の大口径ターボファンを搭載し、大風量と消音性を兼ね備えた。価格は5万9800円(消費税抜き)。初年度5000台を販売し、3億円の売り上げを見込む。

新製品は独自設計の通風路を採用。集塵・脱臭機能を一体化させた「360度サークルフィルターD」を搭載。脱臭性能は日本電機工業会規格が定める試験方法で、総合除去率95%以上を10分で実現した。

また室内の浮遊ウイルスに対して99%の除去率と、PM2・5は0・1マイクロ―2・5マイクロメートルの微粒子を99%除去することを確認。集塵面積を増やすため、約10メートルのフィルター素材をプリーツ状に折り込み、フィルター交換を2年間不要にした。

同社はこれまで病院や福祉施設、新幹線喫煙ルーム、大型遊戯施設などの業務用で多くの納入実績がある。